弁護士費用

法律相談料・着手金・報酬金など

1. ご相談料

30分 5500円(税込)
  • 顧問先の方からのご相談は無料です。
  • 債務整理・交通事故に関しては、初回相談料は無料です。
  • 収入等の要件を満たす方は、法テラスの相談援助制度(※)のご利用が可能です。

※同内容のご相談について3回まで、無料でご相談いただけます。

要件を満たすか否かについては、お気軽にご相談ください。

2. 顧問料

標準月額 5万5000円(税込)~

会社の規模やご依頼内容などにより、増減させていただく場合があります。

顧問契約の内容
  • 無料法律相談(電話やメールでもご相談いただけます。)
  • 契約書や意見書、就業規則等の作成
  • 契約書等のリーガルチェック
  • 簡易な文書の作成(督促状等を作成して内容証明郵便として送付することも含みます。)
  • 研修やセミナーの開催
  • 訴訟事件ご依頼の際の弁護士費用の割引

3. 書類作成等

①リーガルチェック
1通 3万3000円(税込)
②契約書の作成
簡易なもの 5万5000円(税込)
標準 11万円(税込)
③遺産相続
遺言書作成 11万円(税込)
遺産分割協議書作成 11万円(税込)

※どちらも公正証書とする場合も同額です。
※遺産分割協議を含む場合は、別途示談交渉費用を要します。

4. 示談交渉費

簡易な示談交渉 11万円(税込)
標準 22万円(税込)

5. 不当要求・クレーマー対策

着手金 22万円(税込)
報酬金 22万円(税込)

6. 訴訟事件の弁護士費用

着手金 ご依頼いただいた事件に着手する前にいただく費用です。
その後の事件処理の結果にかかわらずお支払いいただきます。
報酬金 事件の結果に応じてお支払いいただく費用です。
日当 弁護士が、事務所以外の場所に出向いて活動する際にかかる費用です。
1時間当たり1万1000円(税込)として算定します。

以下は一例です。そのほか多種多様な事件が存在しますので、まずはご相談ください。

①金銭請求事件
経済的利益の額※ 着手金 報酬金
300万円まで 8% 16%
300万円を超えて~3000万円 5% 10%

※相手方に請求する額、相手方から請求されている額、対象物件の時価額等
 例えば、相手方に対して、500万円を請求する場合の算定式は、以下のとおりです。
 着手金:(300万円×8%)+(200万円×5%)=34万円(税抜)
 報酬金(相手方から500万円満額回収できた場合):(300万円×16%)+(200万円×5%)=68万円(税抜)

②離婚事件
示談交渉から調停まで 着手金:22万円~44万円(税込)
報酬金:財産的給付がない場合は、着手金と同額。財産的給付がある場合は、金銭請求事件の報酬金と同額。
訴 訟 着手金:33万円~55万円(税込)
報酬金:同上
③破産事件
着手金 報酬金
法人・事業者の破産 55万円(税込)~ なし
個人の方の破産 33万円(税込)~ なし